Flywireを使って支払期限を過ぎた学費を回収し、債権回収機関の利用費を削減、学生の在学率を向上します。

Flywire の A/R (未回収金)コレクトは、支払期限を過ぎても回収できなかった学費を教育機関が回収できるようにします。この革新的な管理プロセスは、資金の事前回収、内部回収、債権回収機関への委託を自動化することで、未払いの学費や費用を簡単に管理、回収できるようにします。

Edu payment

Flywireは、教育機関が以下のことを実行できるようにすることで、業務上の効率性を高め、学生の在籍率を改善できるようサポートします。

学生が好む現代的なコミュニケーションチャネルを通じた学生とのやり取り
学生の支払能力にギャップがある場合の学生への連絡
学生の個々の財務状況を満たす支払条件のカスタマイズ
未払いになっている学費の救済と債権回収機関にかかる手数料の回避
時間とリソースを節約しながらキャッシュフローを加速

データシートをダウンロードし、A/R コレクトが貴校の業務効率や学生の在籍率をどのように高めるかご覧ください。

世界中で、2,000校の教育機関と160万人の学生の皆様から信頼されています

Flywireを実装して本当に良かったと感じています。実装したことで、当校の学生課と学生やご家族とのやり取りが大幅に削減されたため、職員は、本当にサポートが必要なご家族に対処する時間をより多く取れるようになりました。

Flywireは、当校の学生に固有の財務状況に合わせたコストの低い決済プランを提供することを実現してくれます。支払期限を過ぎた学費に対する決済手続のための、利用者が使いやすいツールであるA/R Collectは、学生が再度登録し、今後も在籍を続けられるようにする決済プランを促進します。

将来性のある回収プロセス

現在や将来に向けて進化するニーズを満たしましょう

御校は、ある学生が支払いを忘れるというリスクが起こる前に、その支払いを忘れる学生を判断することができますか?

A/R Collectは、学生が支払いを忘れる前に、学生の支払行動を予測できるようサポートします。この情報を使って、自動化された当社のコミュニケーションハブを通じて、カスタマイズされた、インパクトのある、タイムリーなメッセージ送信を行いましょう。また、支払不能のリスクに直面している学生を引き続き在籍させることができるよう、御校の職員が、パーソナライズされた返済条件を学生と交渉できるようにしましょう。

御校の学生は、学費の支払に簡単にアクセスして管理できていますか?

A/R Collectを使用すれば、学生はウェブ対応のデバイスを使用して、自らの財務ニーズに合った決済プランを素早く選択、有効化、アップデートできます。学生が自分の都合のいい時間にセルフサービスできる機能を提供することで、やり取りや支払いを行う可能性が高まり、また、御校の職員が、時間のかかる事務手続きに費やさなければならない時間も削減されます。

御校の学生課は、未払いになっている学費がそのまま未払いの状態が続くことに耐えられますか?

Flywireは、当社のサービスがなければ未払いのままで、最終的には債権回収機関に依頼して回収しなければならないアカウントの数を最高で20%減らすことで、資金の回収をサポートします。A/R Collectを使って、ターゲットを絞った、複数のチャネルを介したコミュニケーションを通じて支払不能のリスクにさらされた学生とやり取りし、学生が対処可能な支払方法を提示することで、債権回収機関に依頼しなければならないアカウントの数を削減しましょう。

御校の学生課には、債権回収機関に回収を依頼したアカウントの追跡に必要なツールやリソースが備わっていますか?

A/R Collectは、債権回収機関が管理しているアカウントのアクティビティや残高に対する貴重なインサイトを提供し、リアルタイムで自動的にSISをアップデートします。債権回収機関のパフォーマンスを見られることで、学生課は、外部の債権回収機関に依頼した未払いになっているアカウントをインテリジェントに確認して回収可能性を高めることができます。

世界レベルの結果をお届け

2,300万ドル以上に及ぶ過去の未払いの学費を教育機関が回収
20%減少債権回収機関に回収を依頼したアカウントが
460万ドルの事前回収による節約、そして増加中

Flywireがお届けする違いをご体験ください

デモにて、Flywireの仕組みをご説明いたします。

教育機関のニーズ – 学生の体験 – Flywireのソリューション

Thank you!


当社製品やサービスの利用可否や内容は、適用される法律や展開先地域によって異なる場合があります。